ネット社会の今だからこそ!自分のプライバシーをきちんと守ろう!


コンピューターウイルスやスパイウェアにご用心

コンピューターウイルスやスパイウェアの脅威はとても身近なものになりました。ごく普通にネットサーフィンをしているだけでも、ウイルス感染やスパイウェアに侵入されるリスクがあります。実際に多くの一般ユーザーがリスクに見舞われており、個人情報が勝手に抜き取られる等、深刻な被害が発生しています。有名な通販サイトや大企業や行政機関のオフィシャルサイトに擬態し、ウイルスやスパイウェアをばらまく危険サイトがあります。ネットサーフィンを安心に楽しむためには、アンチウイルスソフトが必須です。機能が豊富な有料版ソフト、コストパフォーマンスが高い無料版のソフトなどがあり、好みに合わせて選びましょう。特にパソコンはウイルス感染やスパイウェア侵入のリスクが高く、ネット接続を始める前にアンチウイルスソフトをきちんとインストールし、プライバシーが守れる状態にしておきましょう。ソフトウェアの更新、パソコン内部のスキャンなどの作業も定期的に実施しておきたいものです。

オンラインゲームをプレイする時の注意ポイント

オンラインゲームの良いところは、自宅にいながら世界中のゲーマーと交流できる点です。リアルタイムで不特定多数のゲーマーと戦えたり協力してクエストに挑戦できます。その反面、個人情報の流出には要注意です。例えばオンラインゲームのキャラクターに自分の本名をそのままつけると、不特定多数の人々に自分の苗字と名前が知らず知らずのうちに伝わります。会話機能があるオンラインゲームもありますが、家族や友達以外のゲーマーと交流する際は極力、リアルの自分の情報は伝えないように意識しましょう。

シュレッダーとはいらなくなった書類を裁断できる機械です。書類に個人情報や機密性の高い情報が書かれていても、細かく裁断することで漏洩を防ぎ安心して廃棄できます。